メルに送るオレンジ色のオーラ

◆ 動物好きの人のオーラは、オレンジ色

すべての生き物は生体磁気のオーラ、
つまり生命が放つエネルギーを持っている。
それは肉眼には見えないが、オーラにははっきり現れる。 


たとえば、動物好きの人のオーラはオレンジ色の光で満ちている。
この光は動物たちにとってとても心地よいものである。
それによって動物たちは信頼と自信を感じる。
磁石が銅鉄を引き寄せるように、そのオーラは動物たちを魅了する。

一方、恐怖のオーラは赤茶色で、
動物たちを刺激して攻撃への欲望と怒りを促進させる。

どんなかたちの生命にも死というものはないので、
あなたの友達だった動物も、他界した人間の友達と同じように、
確実に生き続ける。埋葬されたのは、
不要になった単なる肉体の「ぬけがら」である。
どんな生き物でも「肉体という檻(おり)に閉じ込められていた間」、
もしあなたのオレンジ色の光がその生き物に喜びと一体感を一度でも
呼び起こしたことがあったなら、
あなたの光は今も彼らを魅了していると信じてほしい。

あなたの他界したペットは地上にいたときより、はるかに元気で、
恐れをまったく知らない生を送っている。そして、他界する前と同じように、
今もあなたのそばに惹(ひ)き寄せられているのだ。

高感度の霊的受信力を持つ霊媒には、
実際にその現象が起きるさまが見える。
肉眼で周囲の物体が見えるのと同じように、
霊能者の視力はより繊細な存在の波長に合わせられる
―つまり霊界の波長に。
これこそ、詩人たちが天国と呼ぶ世界なのだ。

動物を愛するあなた、愛するペットを亡くしたあなたに知ってほしい。
ペットたちは今もすばらしい世界で、幸せに楽しく生きていることを。
あなたがペットのことを考えたり、話したりするたびに
、あなたのオレンジ色の光が、彼らに「おいで」と呼びかけていることを。
そのとき彼らはやってくる。
7_20141101001600256.jpg

彼らにあなたの悲しそうな顔を見せないほうがいい。
あなたがそんな顔をしていると、ペットだって悲しむだろうから。

                 素敵な死後の世界のサイトより

                 P105029811111.jpg
             遊びに来てくれてありがとうございます
                ルイを応援してください
                 
                      にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
                      にほんブログ村

コメント

衛生班長 #-

No title

難しいお話ですが、そうなのかなぁ…とも思います。
あちらの世界で幸せなら残されたものたちは少しの安心を得られるような気がします。
本当にそうだったらいいですね^ ^

2014年11月01日(土) 21時45分 | URL | 編集

サラとメグ #JalddpaA

No title

このお話読んでいて妙に心に響いた気がしました。
今年は悲しい事が多過ぎてめいる事ばかりでした。
このお話の通りかも知れませんね。
今年も残り少なくなってきました。
笑顔を絶やさない様に1年を締めくくりたいと思いました。

2014年11月02日(日) 01時04分 | URL | 編集

sa-mama #-

衛生班長さんへ

いいの いいのよ
気持ちのもんだい
メルは幸せなら もうオレンジ色よ

2014年11月03日(月) 12時19分 | URL | 編集

sa-mama #-

サラとメグさんへ

早く 体調を整えなく他は
パパが体調不良 やっと元気になってきました
ママさんも無理せずがんばってくださいね

2014年11月03日(月) 12時22分 | URL | 編集


↑