ルイ 関節痛 痛いねぇ

シニア犬には 助かるかも?

変形性関節症などによる慢性痛の軽減や、原因療法となる関節軟骨の修復を促進する
画期的な治療薬、ポリ硫酸ペントサンナトリウム、「カルトロフェン」。


「カルトロフェン」は変形性関節症の原因に対して直接作用し、痛み止めなどの対症療法のみでは
得られない関節疾患の安定的な管理を、負担の少ない治療を可能にした優れた治療薬です。

変形性関節症の治療においては痛みによる問題や歩行異常に対して、
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)をはじめとする抗炎症薬が多用されます。
ところが、こういった痛み(慢性通)は慢性再発性の経過をとり、対症療法のために
薬を長期間にわたって継続しなければならないということがしばしばです。


痛みなど症状の緩和と関節症の直接の原因に作用して進行を遅らせる目的で
グリコサミノグリカン、ヒアルロン酸等のいわゆる「病態修飾薬」が人の整形外科などでは
一般的に用いられています。実はこの「カルトロフェン」もそういった薬物のひとつとして開発されました。

また、いわゆる関節用のサプリメントとして巷に溢れている、グルコサミンやヒアルロン酸、
コラーゲンを含むサプリメントも広い意味ではこのカテゴリーの薬物に含まれます。

こういった薬剤の特長は低下ないし破壊されてしてしまった滑膜の機能を代替し、
炎症の緩和と関節軟骨の代謝を維持することで関節軟骨の修復を促します。
人の整形外科分野ではこういったヒアルロン酸などを直接関節内に注射して症状の緩和を図る
治療が一般的に行われております。

動物医療では関節内への薬剤投与を行うためには鎮静ないし麻酔を実施する必要があるために
煩雑でコストが高く、人で行われているような薬物療法を選ぶことが長らくできませんでした。
また、その代わりとなる市販の各種サプリメントも補助的な効果はあるものの、治療的な効果を得るには、
口から消化管を経由するために非常に効率の悪い方法です。

このような状況を解消するために開発された画期的な薬剤が
「ポリ硫酸ペントサンナトリウム、商品名カルトロフェン・ベット(DSファーマアニマルヘルス)です。

だそうです
   ルイ君 早くよくなあれ 
   今日は なんとなく いい感じ  きっと気のせいですね
                     P105029811111.jpg
               遊びに来てくれてありがとうございます
                    ルイを応援してください
                 
                       にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
                       にほんブログ村
  

コメント

azuazu #Ujd6MtBI

獣医学の世界、どんどん画期的な開発が進んでくれることを祈っています。
良い感じなのは、きっと気のせいじゃありませんよ〜
ルイくんの痛いのが早く良くなりますように(>人<;)

2017年03月01日(水) 21時38分 | URL | 編集

sa-mama #-

azuazuさんへ

落ち着かれましたか  寂しいですよね
コメント ありがとうございます

ほんとですよね  進化して シニアなんて言わせないくらいに
なってほしいです

はい 気のせいではないようです
だいぶ改善されています
いまのところは

2017年03月02日(木) 10時15分 | URL | 編集


↑